洒落物研究 |BAND COLLAR

SOUTIENCOL 三浦が『洒落物研究』と題し、『後世に残したい語るべきこと』を徹底的に語り尽くす不定期連載。デザイナーとして30年にわたり一線で活躍してきた経験の”一方的なアウトプット”や様々な感性と結びつき”コンフリクトを生み出す”プロジェクトである。 第7回目は創業当時から作り続けているヴィンテージテースト満載のバンドカラーシャツ。伝統的なスタイルを大切にしながら、現代の生活にフィットする工夫がちりばめられている。そのディティールを紹介したい。 過去の記事一覧はこちら profile ”Toshihiko Miura”Instagram:@soutiencol.white 大阪生まれ。現在75歳で現役続行中のデザイナー。音楽一家の末っ子として生まれ、バイオリンやエレキギターを弾く洒落者の家族から多大な影響を受けて育つ。 10代の頃は新宿や心斎橋のジャズ喫茶、ディスコで遊び、みゆき族をやるなど、まさしく”勉強嫌いの遊び人”。20代でVAN 石津謙介に出会い”生き方”を学ぶ。ファッションのイロハ、TPO、プロダクトに対する徹底的なこだわりの精神。現在のSOUTIENCOLに通じる”職人気質”を学んだ。 1992年 SOUTIENCOLを創業。”普遍的なプロダクト”と”遊び心”を加えたトラディショナルブランドとして全国のセレクトショップから支持を受ける。 “Band Collar” とは何か? 「バンド」とは、台衿のことである。首回りにあたる部分で、通常のシャツは台衿に外衿が縫い付けられている。衿を縫い付けず、着脱可能な付け衿をセットしたシャツがバンドカラーシャツの始まりだ。衿付きシャツの場合、台衿の高さを背中の中央部分で測ると、3cm~3.5cmほどが一般的。対して、古典的なバンドカラーの台衿は、2.5cm程度と低めだ。糊で固められた付け衿を付けるとドレスシャツ、衿を外すとカジュアルシャツと二通りで着ることができた。 BAND COLLARの由来 取り外し式の衿の誕生は1820年のある日。鍛冶屋の夫の為に毎日綺麗なシャツを用意する苦労を減らす為に、ニューヨーク州在住のモンタギュー夫人は、あっさりシャツの衿を切り取ってそれを洗濯したとなっている。 Esquire’s ENCYCLOPEDIE OF 20TH CENTURY MEN’S FASHIONSより 40年以上前にロンドンのヴィンテージショップで買ったシャツ。現在のSOUTIENCOL BAND COLLARを作るうえでのデザインソースとなっている。本物のBAND COLLARシャツで、1920年代の英国のドレスシャツだ。衿を付け、タイドアップ・スタイルとしてフォーマルな場で着用された。衿を取り外すと作業服として、またパジャマとしても着ることができた。 1992年、SOUTIENCOL創業時にデザインしたBAND

Scroll Up