洒落物研究 | 紺ブレジャケット

SOUTIENCOL 三浦が『洒落物研究』と題し、『後世に残したい語るべきこと』を徹底的に語り尽くす不定期連載。デザイナーとして30年にわたり一線で活躍してきた経験の”一方的なアウトプット”や様々な感性と結びつき”コンフリクトを生み出す”プロジェクトである。 第5回目はアイビースタイルの定番アイテムである、『紺ブレジャケット』。発祥はイギリスだが、その後アメリカへわたりアイビースタイルにおける定番アイテムとなった。今回はそんな定番の紺ブレジャケットについて語っていく。 過去の記事一覧はこちら profile ”Toshihiko Miura”Instagram:@soutiencol.white 大阪生まれ。現在75歳で現役続行中のデザイナー。音楽一家の末っ子として生まれ、バイオリンやエレキギターを弾く洒落者の家族から多大な影響を受けて育つ。 10代の頃は新宿や心斎橋のジャズ喫茶、ディスコで遊び、みゆき族をやるなど、まさしく”勉強嫌いの遊び人”。20代でVAN 石津謙介に出会い”生き方”を学ぶ。ファッションのイロハ、TPO、プロダクトに対する徹底的なこだわりの精神。現在のSOUTIENCOLに通じる”職人気質”を学んだ。 1992年 SOUTIENCOLを創業。”普遍的なプロダクト”と”遊び心”を加えたトラディショナルブランドとして全国のセレクトショップから支持を受ける。 デザインリソースは58年前のジャケット 今回作成する紺ブレのデザインリソースは、58年前のVANのジャケットだ。このジャケットはまさしくアイビーのスタイルを表現しているものだ。紺ブレの原型となったポイントとしていくつかあげられる。 point アーカイブを原型にし、スティアンコルの紺ブレジャケットは作られている。 通年使える素材 素材はドレッシーすぎないウールリネンを使用。通常はトロピカルなどが多いが、麻が入っているので夏でも使える。また表面感が出てるため奥行きが感じられる。ウールが入っているのでシワにもなりにく、シーンレスで着用できるのもポイントだ。 着心地の追求 紺ブレに限らないが、アイビーやトラッドのポイントとして「ナチュラルショルダー」は重要なファクターだ。肩パッド、それに肩先に入れるゆき綿は、極力薄くて機能を果たせるものが使われている。服は肩で決まると言われる程、肩の型は重要。SOUTIENCOLでは首元から肩先にかけての肩下がり角度を型紙で4.5cくらいにしてナチュラルショルダー感を出している。ジャケットのインナーで着ることの多いシャツなども、この肩下がり角度に一致して着心地を追求している。肩下がり角度の合わない服同士を重ね着すると、着心地を損ね違和感を感じる。 「ナチュラルショルダー」は、肩先を丸く仕上げるのが王道。これは袖付け縫製の時、袖側の縫代と見頃側の縫代を一方向へ倒すのではなく、両方向に割って縫い合わせてある。 これに加え、仕上げ工程でアイロンをかけ丸く仕上げていく。 この縫製仕様とアイロン仕上げにより、ナチュラルショルダーが完成していく。 ディティール ボタンはデットストックの金ボタンを使用。背抜き仕立てなので軽さがでて春夏に重宝する。内ポケットの玉縁はクラシックなレジメンタルストライプを使い、「三角チー」付きの本格的な仕様。 ユーティリティウェア STYLE . sophisticate-look アイビーを象徴する紺ブレだが、スタイリングの幅がとても広い。ビジネスからタウン、リゾートまで活用できてしまうのだ。この汎用性の高さが、愛される秘訣でもある。 STYLE

Scroll Up