洒落物研究 | Toshihiko Miura

SOUTIENCOL 三浦が『洒落物研究』と題し、『後世に残したい語るべきこと』を徹底的に語り尽くす不定期連載。デザイナーとして30年にわたり⼀線で活躍してきた経験の”⼀⽅的なアウトプット”や様々な感性と結びつき”コンフリクトを⽣み出す”プロジェクトである。 第⼀回⽬はこちら 第⼆回⽬は三浦の歴史を振り返りながら、2つの価値観が交差するセッション⽅式をとる。前半では三浦が⾃⾝の想いを語る。メディア嫌いもあり今ままで多くを語ってこなかったため、改めて語っていく。後半では盟友フリーポートの藤島さんに、三浦の⽣み出すプロダクトや、セレクトショップという⽴場から想うことを語っていただく。 profile ”Toshihiko Miura”Instagram:@soutiencol.white ⼤阪⽣まれ。現在74歳で現役続⾏中のデザイナー。⾳楽⼀家の末っ⼦として⽣まれ、バイオリンやエレキギターを弾く洒落者の家族から多⼤な影響を受けて育つ。10代の頃は新宿や⼼斎橋のジャズ喫茶、ディスコで遊び、みゆき族をやるなど、まさしく”勉強嫌いの遊び⼈”。20代でVAN ⽯津謙介に出会い”⽣き⽅”を学ぶ。ファッションのイロハ、TPO、プロダクトに対する徹底的なこだわりの精神。現在のSOUTIENCOLに通じる”職⼈気質”を学んだ。1992年 SOUTIENCOLを創業。”普遍的なプロダクト”と”遊び⼼”を加えたトラディショナルブランドとして全国のセレクトショップから⽀持を受ける。 profile “Free port”Instagram:@freeportueno 東京・深川出身の野球好きな下町野郎。学生時代はスポーツ用品を買いに上野によく通っていた。 大学卒業後、特別養護老人ホームにて介護職として5年間働き、その中で服装が人に与える影響に興味をもった。 馴染みのある上野で買い物をするようになり、当時のFreeport店長”長沼”さんの接客スタイル、お店作りに感銘を受け、弟子入りのような形でFreeportの一員となる。 2015年 4月 から2022年1月まで長沼さんの下で学び、現在に店長となり店を運営している。 ⽇本のレベルを引き上げたい 三浦 数⼗年ファッションデザイナーをしてきて思うことは、インターナショナルで勝負できるレベルになってほしいということだ。これは今も昔も変わらないことで、常に外の世界と向き合い勝負していかないといけないと。ブルックスの真似やバブアーの真似だけをしていてはダメだ。初めは真似でも良いが、その先に⽇本らしさ、⾃分らしさを表現ができないと。スリッポンコートの時にも語ったが、『物作りの背景』『⽇本⼈に合うデザイン』『ディティール意図』、、、。なぜそれを作るかを考えていってほしい。 藤島 バブアーはまた最近流⾏ってきていますね。トラッドの流れが回帰しているのでしょう。ファッションは良くも悪くも『トレンド』があります。⼤きな流れを掴もうとして、物作りが本質からずれていくこともありますよね。三浦さんがおっしゃる、『⽇本のレベルを引き上げる』とは、『⽂脈や歴史を尊重しなさい』ということなのでしょうか。 三浦 それも1つある。特に藤島さんのような、『デザイナーの伝道者』にはそうあって欲しい。デザイナーの意図や意志を理解し、お客様にわかりやすく伝えてほしいと願っている。⼀⽅で注意したいのが、歴史や権威を重視しすぎることだ。私は⽂脈や歴史は尊重するが、それに依存してほしくはない。全⾝ブルックス、全⾝バブアーがカッコイイとは思わない。もちろんそういった時もあっていい。私⾃⾝も、着ているものがカッコよければ良いという時期はあった。お客様は依存するのは仕⽅ないと思う。ただデザイナーである私や伝道者であるセレクトショップのオーナー、ファッション関係者はそうではいけない。作り⼿や伝い⼿が『依存』すればファッションは崩壊する。 藤島 セレクトショップが『デザイナーの伝道者』というのとても共感しています。私もデザイナーさんの意向を汲み取って伝えることを重視しています。展⽰会でデザイナーさんのモノづくりを学び、それを接客で伝える。最近ではブログやインスタグラムを活⽤して伝えることも増えてきました。Freeport ブログ(Freeportの日常) 歴史や権威への依存、、、。やってしまいがちなことですね。”10万円のコートを着て、コンビニのコーヒーを飲んでたらイケてない”とか⾔い出したらダメってことですね。歴史や権威を重視しすぎると、こういった思考に陥ってしまいます。特にメンズファッションではありがちなので注意が必要だと感じます。

洒落物研究 | SLIP ON COAT

SOUTIENCOL 三浦が『洒落物研究』と題し、『後世に残したい語るべきこと』を徹底的に語り尽くす不定期連載。デザイナーとして30年にわたり⼀線で活躍してきた経験の”⼀⽅的なアウトプット”や様々な感性と結びつき”コンフリクトを⽣み出す”プロジェクトである。第⼀回⽬はブランドの創世記から作り続けている『SLIP ON COAT』について。トレンチコートやステンカラーコートは聞き馴染みがある⽅も多いだろう。SLIP ON COATは三浦が⽣み出したプロダクトであり、25年間研究を続け、変わらない価値を追求している逸品である。そんなSLIP ON COATについて語っていこう。 profile ”Toshihiko Miura”Instagram:@soutiencol.white ⼤阪⽣まれ。現在74歳で現役続⾏中のデザイナー。⾳楽⼀家の末っ⼦として⽣まれ、バイオリンやエレキギターを弾く洒落者の家族から多⼤な影響を受けて育つ。10代の頃は新宿や⼼斎橋のジャズ喫茶、ディスコで遊び、みゆき族をやるなど、まさしく”勉強嫌いの遊び⼈”。20代でVAN ⽯津謙介に出会い”⽣き⽅”を学ぶ。ファッションのイロハ、TPO、プロダクトに対する徹底的なこだわりの精神。現在のSOUTIENCOLに通じる”職⼈気質”を学んだ。1992年 SOUTIENCOLを創業。”普遍的なプロダクト”と”遊び⼼”を加えたトラディショナルブランドとして全国のセレクトショップから⽀持を受ける。 WHAT IS SLIP ON COAT? 名前の由来 スリッポンコートはという名前は、”サッと⽻織れる” ”スルッと⽻織れる”から命名した。25年前に、突っかけのようさっと⽻織れるコートが欲しい、と思い作ったプロダクトだ。トレンチコートやステンカラーコートにはない、”⼿軽だけどかっこいい”を追求している。名前だけでなく、素材や袖付けの仕様、ディティールまで、”名を体現”したプロダクトといえる。 素材へのこだわり 素材はOlmetex社のバーバリーを使⽤している。先染めで、アウターとしては細番⼿といえる60双⽷を使った⾮常に打ち込みが強い⽣地である。撥⽔加⼯も施しており、⾬でも使える素材で、レインコートとして使われる。有名メゾンも使⽤しており、いわゆる⾼級素材だ。 良い素材というのはたくさんあるが、Olmetex社のバーバリーを使い続けるのには理由がある。それは”環境への配慮”である。2015年ごろ、撥⽔加⼯に使われる「PFC」と呼ばれるフッ素化合物に含まれる⼀部の物質が、⼈体に悪影響を与える可能性が出てきた。その中でOlmetex社はいち早くPFCフリーを採⽤し、プロダクトでそのスタンスを明確にした。パタゴニアも2024年までには全商品を PFCフリーにしてくようだ。未来を⾒据えるブランドとは素材1つとっても、考えの深さが違う。https://www.patagonia.jp/our-footprint/pfc-free.html彼らとは13年前Parisのプルミエール・ビジョンで、テキスタイル・デザインを依頼され、先染めを含めゴム引きの⽣地を出品した。実際に仕事を共にすることで彼らの考えに深く共感し、今でも素材を使⽤している。親⽗のルッカから息⼦のRICCARDOに世代交代し、ファクトリーとしても盛況のようだ。 about Olmetex1952年、イタリアのCOMO(コモ)にて創業。 COMOはスイス国境付近の街で、古くよりシルク産業が盛んな地区であり、シルクの⽣産において世界最⾼⽔準と⾔われてる。Olmetexは⾼密度のコットン素材を中⼼に、クラシックかつテクニカルな⽣地を⽣産。 英国の⽼舗アウターメーカーなど、Olmetexの素材は⼀流のメーカーで定番的に採⽤されるなど、この分野における最⾼峰のメーカー。

Scroll Up