洒落物研究 |トレンチコートの話をしよう。

SOUTIENCOL 三浦が『洒落物研究』と題し、『後世に残したい語るべきこと』を徹底的に語り尽くす不定期連載。デザイナーとして30年にわたり一線で活躍してきた経験の”一方的なアウトプット”や様々な感性と結びつき”コンフリクトを生み出す”プロジェクトである。 第4回目は川越にあるセレクトショップ『BANANA BROWN』のオーナー鈴木さんと一緒にトレンチコートについて語っていく。セレクトショップを20年営んでいる彼女は、女性的な感性に加え、ファッションの本質的な部分にも精通している稀有な存在だ。今回はそんな彼女と三浦が対談しながらトレンチコートについて話していく。 ファッションの定番と言われるトレンチコート。一枚で様になるこのアイテムがなぜこんなにも魅力的なのかを、2人の会話から紐解いていこう。 過去の記事一覧はこちら profile ”Toshihiko Miura”Instagram:@soutiencol.white 大阪生まれ。現在75歳で現役続行中のデザイナー。音楽一家の末っ子として生まれ、バイオリンやエレキギターを弾く洒落者の家族から多大な影響を受けて育つ。 10代の頃は新宿や心斎橋のジャズ喫茶、ディスコで遊び、みゆき族をやるなど、まさしく”勉強嫌いの遊び人”。20代でVAN 石津謙介に出会い”生き方”を学ぶ。ファッションのイロハ、TPO、プロダクトに対する徹底的なこだわりの精神。現在のSOUTIENCOLに通じる”職人気質”を学んだ。 1992年 SOUTIENCOLを創業。”普遍的なプロダクト”と”遊び心”を加えたトラディショナルブランドとして全国のセレクトショップから支持を受ける。 profile  Instagram:@bananabrown_kawagoe 東京下町出身。子供の頃から服好き、小学生の頃上京した祖父の手を引き浅草のブティックで服をねだったことも多々ありました。趣味は年に数回のキャンプと早朝の散歩。 座右の銘は『雨垂れ石に穿つ』。大人世代の女性に向けたアイテムを国内外からセレクトし、インスタグラムで着こなしの提案や川越の実店舗とオンラインストアでは毎週新商品のご紹介をしています。 ファッションの考え方 ・鈴木 去年の夏に別注させていただいたバンドカラーシャツ、すごい好評です。あれは今まで黒と白しか作ってなかったんですよね。 ・三浦 そうなんです。バンドカラーといえばこのカラーがあれば十分だ、と思っていたんです。ファッションとして定番の形だからこそシンプルにしていこうと思ったんです。ただそこに鈴木さんから、色別注の話をもらってハッとしました。こんな風にカラーを入れることで変わってくるのかと思いました。ファッションの本質を理解しながら女性的な感性を加えれるのが鈴木さんの素晴らしいところですね。 ・鈴木 ありがとうございます。おかげさまですごい好評です。着心地が最高で一枚でサラッと着こなせるから重宝するんです。あのバンドカラーシャツの三浦さんのこだわりってどんな部分なんですか? ・三浦拘っているのは着心地とファッションの文脈を理解することですね。バンドカラーシャツだけでなく全ての商品に通じることです。 従来白リネンのバンドカラーシャツは、胸に裏地がついた二重仕立てで、肌に触れる部分は『おむつ』で使用される素材を使っているんです。ご存知の通り赤ちゃんが使う物ですから、最もデリケートに作られている素材の1つがおむつ素材です。これを使うことで、胸部分が透けてしまうことなく、肌触りもよくなり、『着心地』がよくなると考えて使用しています。 また色物のバンドカラーシャツについていは、おむつ生地に色物がないので、ソフトな肌触りの上質な細番手の綿ローンを使用しています。 ・鈴木 そうなんですね。確かに胸部分に裏地がついていて凝った作りだとは思っていましたが、おむつの素材だとは知らなかったです。普通こんな素材使わないと思うんですけど、どうやっておむつ素材に行き着いたんですか? ・三浦

Scroll Up